システム開発

学習システム

当研究所では、効率よくコンテンツを製作、管理し、様々なメディアで配信するためのシステムを開発しています。

  • LCMS (Learning Content Management System:学習コンテンツ管理システム)
  • LCMS (Learning Management System:学習管理システム)
  • SNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
  • 各キャリアのスマートフォン、ケータイ対応
  • タブレットPC、電子書籍対応

標準化活動

世界標準対応

当研究所では、eラーニングのSCORM、Common Cartridge、モバイル規格、コンテンツ品質保証ほか、国内外にわたって色々な研究を進めています。

SCORM本家、ADLのSCORM Adopter認定登録

当社は2002年、eラーニングの国際標準規格であるSCORMの推進母体、米国ADLから、日本で初めて「SCORM Adopter」として認定登録を受けました。

ADL のロゴマークは、SCORM Adopterに使用が許諾されているものです。 Source:Advanced Distributed Learning InitiativeロゴはADLの登録商標です)

これは、ADLが提供する「Test Suite」による動作試験に合格した製品をもとに組織を認定登録する制度で、以来当社製品は、

コンテンツ、LMSの両部門での登録は、現在のところ、日本では当社のみで、当社は同時に"「ADL Partner」に登録されています。このロゴマークは、SCORM Adopterに使用が許諾されているものです。

SCORM2004でも、ADLのSCORM Adopter認定登録

最新規格SCORM2004は、2004年に米国ADLから発表されたものです

この発表を受け、当社ではいち早く同規格対応の「BISCUE LMS II」を開発。2004/8、米国ADLの「Test Suite」による動作試験に合格し、SCORM2004対応のSCORM Adopterとして、"

"Search SCORM Adoptersで、登録企業を検索できますので、お試し下さい。(SCORM Version: 欄でSCORM Version 2004を選ぶと、SCORM2004登録企業が一覧できます)


Last updated 2018年11月20日 |